初心者でもできる雨漏りの応急処置

ここ数年、異常気象によるゲリラ豪雨や大雪となることが非常に多くなってきていますね。

個人のおうちに限らず、マンションや工場などの雨漏り被害についてお問い合わせをいただくことが非常に多くなっています。

ただ、一言に雨漏りと言っても、被害の程度は様々です。

天井にシミが出る程度から、ドバドバ雨水が落ちてくることまで…

建物は私たちが気づかないところでそのサインを送っています。

そのサインを見逃して放置してしまうと、どんどん状況は深刻になっていきますので早期発見し、しっかりと対処する必要があります。

特に工場や倉庫などの大型物件の場合は、一般の戸建てと違い屋根面積が広いため不具合が生じてしまうと非常に大掛かりな工事となってしまいます。

そもそも、雨漏りがしないということが一番なのですが…

今回は、工場や倉庫などの大型物件で、もし雨漏りが起きてしまった場合に誰にでもできる初心者向けの対処方法についてお話します。

工場や倉庫などでよくお聞きするのが、天井から水がぽたぽた落ちてきたり、普通の雨だとなんともないのにいつの間にか窓周り水が濡れているなどです。

雨漏りで侵入してきた水が大事な商品を台無しにしたり、スタッフさんが滑って転倒なんてことにもなると大変な事態になってしまいますので、早急な対応が必要です。

まずは、雨漏りが起きているおおよその場所を断定させること第一に行ってください。

窓周りや外壁材、屋根材のシーリングが切れているようであれば、防水テープを貼ったり、ブルーシートで覆うことで応急処置になります。

とはいえ、雨天時に屋根へ上るということは、大きなリスクが伴う行動ですので、無理のない程度に行ってください。

屋根については、普段から建物の内側から外壁や屋根を見上げて外から明かりがが入ってきている隙間などがないかをチェックしておくと事前に対応しておくこともできます。

そして、水の侵入口を処置したら、びしょびしょに濡れていしまった床や壁、窓周りをきれいに拭きましょう。

雨漏り箇所を断定できない時は、シートや新聞紙を敷いて、雑巾やタオルで水を吸収します。

天井からの雨漏りが起きているときは、バケツなどを置いて集水します。

水は建物の大敵です。

放っておくと、内壁や床が水を含んでしまい、建材そのものを痛めたりカビの発生にもつながりかねません。

雨天時などの湿気の多い日に、床を拭いても完全には乾燥しきれていないと思います。

通行の際に転倒につながり非常に危険ですので、ポールを立てて『通行注意!』などの張り紙をしておくことも必要ですね。

そして、応急処置が終わったら、すぐにプロに雨漏り修繕の依頼をしてください。

雨漏りを確認したらすぐに行動することで、被害の拡大を防ぎ修繕費用の節約にもつながります。

また、工場や倉庫でのお仕事は単純作業が多く、スタッフさんのモチベーションを保つことが難しいということを聞きますが、

このように雨漏りを補修したり、建物内の環境改善をおこなうだけで、スタッフの方々へのモチベーションアップにも繋がると思います。

毎日、足を運ぶ職場ですので安心してお仕事ができる職場作りにもつながっていくはずです。