マンションの大規模修繕と防犯対策

マンションの大規模修繕を行うにあたり、ほとんどの施工会社が足場を架けて工事をすることが一般的です。

外壁塗装やベランダの防水工事をするわけですから、作業員が安心し効率よく工事を進めるためにも足場は必要です。

また、周りへの塗料の飛散を防ぐためにメッシュシートで全体を覆う作業も必要になります。

しかし、足場をかけることで容易に各階のベランダまでたどり着くことができるようになり、

メッシュシートが目隠しとなって、外側から見えにくくなることから、空き巣被害につながることがあります。

特に上層階の方ほど、外部からの侵入に対する防犯意識が低く、鍵のかけ忘れが多いようです。

今回は、空き巣被害を未然に防ぐための防犯対策をご紹介します。

▼窓ガラス面▼

ベランダなどの窓ガラス面は、しっかりと施錠をするように心がけましょう。

カーテンを閉め、夜間などは電気を点けておくことで人がいるように見せることで犯罪率の低下につながります。

また、防犯用のフィルムを貼ることも効果的です。

泥棒の侵入経路として一番多いのが、実は窓なのです。

空き巣被害の60%が窓を割っての侵入です。

ということは、どれだけ割れにくい窓にするかということが重要になってきます。

飛散防止フィルムは飛散を防止するためのものであり、防犯に対してはあまり意味がありませんので、防犯シートを取り付けるようにしましょう。

▼補助錠の設置▼

窓ガラスを割られ、鍵を開けられたとしてもサッシのレールに補助錠を付けておくことで、空き巣の侵入までの時間を長くすることができます。

空き巣は「侵入に5分以上」掛かってしまう場合は諦めやすいという警視庁のデータもありますので、容易に侵入できない状態にしておくことが必要です。

▼熱感知センサーライトの設置▼

センサーが人間の熱を感知することで反応し、点灯するライトをベランダ面などに設置しておくことで侵入を抑止するアイテムです。

急に点灯したライトにびっくりした犯人が侵入をあきらるという作用を狙っています。

▼まとめ▼

これらの防犯対策を取っておくだけでもかなり効果的です。

マンションの外壁塗装など足場が架かる工事の場合は、このような防犯に対しての注意も必要となります。

しかし、自分でできることも限られてしまいます。

地域のコミュニティでご近所同士お互いに声を掛け合いコミュニケーションを取ることとも有効な防犯手段になります。

狙われないマンションにするだけでなく、施工会社も含めマンション全体で防犯に対して意識していきたいものです。

雨漏り修理業者の選び方

雨漏り修理っていったい誰に頼めばいいんのしょうか?

雨漏り修理を依頼したのに、結局、雨漏りが止まらなかったというトラブルを耳にしたことがあります。

専門業者にお願いしたのになぜこんなことが起きるのでしょうか?

理由は明確です、本当の原因を見つけられるずに見当違いの修理・施工をしているからです。

しっかりとした経験と知識がなければ、原因を特定するのが難しいと言われる雨漏り修理。

今回は、雨漏り修理業者の選び方についてお話ししたいと思います。

▼雨漏り修理業者の種類▼

雨漏りが実際に起きた時にどのように業者を探せばいいのでしょうか。

家を建ててくれたハウスメーカー?

近くの工務店やリフォーム会社?

それとも知人からの紹介でしょうか?

少し考えただけでも、これだけの浮かんでくるわけですから、迷ってしまうのも当然です。

ただ、結果として雨漏りが止まればいいわけですから、業者さんの話を聞いて、具体的な原因と対処方法を提案してくれる信頼できる方にお任せするのが一番です。

間違っても業者さんに任せきりなんてことにはしないように。

▼信頼できる業者選び▼

では、信頼できる業者さんってどのように判断すればいいのでしょうか?

まずは、どのような調査を行なうのかを聞いてみてください。

調査の種類にもいろいろとあります。

・屋根に登ったりして雨漏りの形跡を探す『目視調査』

・水の侵入している箇所を推測し、実際に水をかけてみる『散水調査』

・赤外線カメラを撮影し、温度変化で雨漏り箇所を探す『サーモグラフィー調査』

上の3つの検査を行えば、ほとんどの場合、雨漏り箇所を特定することができます。

調査をしてもらった後は、対処方法をしっかりと聞きましょう。

雨漏りの要因は程度も様々です。

ひび割れ箇所をシーリング埋める程度でしたらそんなに費用は掛かりませんが、屋根全体を葺き替えるような工事となってしまると非常に高額な工事となってしまいます。

その場しのぎの工事なのか、雨漏りの原因を取り除く根本的な工事なのかを確認しておきましょう。

▼まとめ▼

雨漏りは病気と同じで、根本的な原因をしっかりと取り除かなければ、再発してしまいます。

その場しのぎで対処しても、結局、無駄な修理代金がかさんでしまい、いつまでも雨漏りが治らない工事になってしまいます。

雨漏りの原因はどこなのか、原因に対してどのような工事を行なうのか納得するまで説明をしてくれる業者を選ぶことがポイントです。