雨漏り修理業者の選び方

雨漏り修理っていったい誰に頼めばいいんのしょうか?

雨漏り修理を依頼したのに、結局、雨漏りが止まらなかったというトラブルを耳にしたことがあります。

専門業者にお願いしたのになぜこんなことが起きるのでしょうか?

理由は明確です、本当の原因を見つけられるずに見当違いの修理・施工をしているからです。

しっかりとした経験と知識がなければ、原因を特定するのが難しいと言われる雨漏り修理。

今回は、雨漏り修理業者の選び方についてお話ししたいと思います。

▼雨漏り修理業者の種類▼

雨漏りが実際に起きた時にどのように業者を探せばいいのでしょうか。

家を建ててくれたハウスメーカー?

近くの工務店やリフォーム会社?

それとも知人からの紹介でしょうか?

少し考えただけでも、これだけの浮かんでくるわけですから、迷ってしまうのも当然です。

ただ、結果として雨漏りが止まればいいわけですから、業者さんの話を聞いて、具体的な原因と対処方法を提案してくれる信頼できる方にお任せするのが一番です。

間違っても業者さんに任せきりなんてことにはしないように。

▼信頼できる業者選び▼

では、信頼できる業者さんってどのように判断すればいいのでしょうか?

まずは、どのような調査を行なうのかを聞いてみてください。

調査の種類にもいろいろとあります。

・屋根に登ったりして雨漏りの形跡を探す『目視調査』

・水の侵入している箇所を推測し、実際に水をかけてみる『散水調査』

・赤外線カメラを撮影し、温度変化で雨漏り箇所を探す『サーモグラフィー調査』

上の3つの検査を行えば、ほとんどの場合、雨漏り箇所を特定することができます。

調査をしてもらった後は、対処方法をしっかりと聞きましょう。

雨漏りの要因は程度も様々です。

ひび割れ箇所をシーリング埋める程度でしたらそんなに費用は掛かりませんが、屋根全体を葺き替えるような工事となってしまると非常に高額な工事となってしまいます。

その場しのぎの工事なのか、雨漏りの原因を取り除く根本的な工事なのかを確認しておきましょう。

▼まとめ▼

雨漏りは病気と同じで、根本的な原因をしっかりと取り除かなければ、再発してしまいます。

その場しのぎで対処しても、結局、無駄な修理代金がかさんでしまい、いつまでも雨漏りが治らない工事になってしまいます。

雨漏りの原因はどこなのか、原因に対してどのような工事を行なうのか納得するまで説明をしてくれる業者を選ぶことがポイントです。